圧倒的効果!利尻ヘアカラーvsドラッグストア白髪染め

凄い白髪が染まる?利尻ヘアカラートリートメントの使い方!

siraga.jpg
 
button2_3.jpg





トリートメントタイプの白髪染めが、
人気を集めています。


頭皮や髪に優しい、天然由来の成分を、
たっぷり使ったトリートメントタイプの
白髪染めとして、人気が高いのが、
利尻ヘアカラートリートメントです。


トリートメントタイプの白髪染めは、
染まりにくいという声も、聞かれます。


ちょっとした工夫をしただけで、
利尻ヘアカラートリートメントは、
初回でも、かなり色が入ります。

 

利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪に塗っても効果薄

shiraga_31.jpg


利尻ヘアカラートリートメントは、
乾いた髪に塗る方が、よく染まります。


タオルドライした後の、
半乾きの髪につける使い方も、
ありますが、乾いた髪に塗る方が、
効果的に色が入ります。


  利尻ヘアカラートリートメントは、
それなりに、水分量を含んでいます。


髪が乾いている方が、
むしろ、よく染まります。


 

白髪染めはクシを使っても染まらない?

shiraga_32.jpg
 

 使用量の目安は、卵の黄身の大きさ


少し多めに感じるくらいで、
ちょうど良い分量です。


髪に均等に塗るには、
数回に分けて、塗りましょう。


生え際やつむじは、たっぷり置くようにします。


クシは、できるだけ使わないのが、コツ。


クシを使うと、
トリートメントを剥ぎ取ってしまいかねません。


ビニール手袋をした手で、髪の根本に、
トリートメントを溜める感覚で塗ると、
うまく行きます。


後ろ髪は、合わせ鏡をして、
白髪がきちんと隠れているか、確認しましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントは放置するだけではダメ!

shiraga_33.jpg


塗り終わったら、
頭全体にラップを巻いて、
髪に利尻ヘアカラートリートメントを
密着させます。


その上から、ヘアキャップをかぶると、
保温効果が高まります。


そのまま、10分ほど放置します。


初回は、20分以上放置した方が、
しっかりと色が入ります。


利尻ヘアカラートリートメントの使い方で、
最も大切なのが、放置中の処理です。


放置している時に、
ドライヤーの温風を当てたり、
ゆっくり湯船に浸かったりしましょう。


温めることで、キューティクルが開きます。


色が入りやすくなります。

 

利尻ヘアカラートリートメントのよく染まる裏技とは?

shiraga_34.jpg


シャワーで洗い流す前に、
一度、髪を冷やしましょう。


色がキューティクルの隙間に入ったところで、
キューティクルを引き締めると、
色素が逃げて行きません。


利尻ヘアカラートリートメントの使い方の裏技です。


さっと冷水をかけると、良いでしょう。


すすぐ時も、ぬるめのお湯にします。


シャワーで十分にすすいだら、
タオルドライして、
すぐにドライヤーで乾かします。


一度乾くと、次に濡れた時には、
あまり色落ちしません。
 

↓ ↓ ↓

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る