圧倒的効果!利尻ヘアカラーvsドラッグストア白髪染め

利尻ヘアカラーの成分!市販は副作用アリ!利尻はナシ!

siraga.jpg
 
button2_3.jpg





市販の白髪染めは、色が入りやすく、
色持ちも良いのが、人気です。


しかし、しばしば、
重大な肌トラブルを引き起こします。


含まれている成分のせいです。


市販の白髪染めには、
どのような副作用があるのでしょうか?


また、安心して使えるとされる、
利尻ヘアカラートリートメントの成分は、
どのようなものでしょうか?

 

化学物質配合?市販の白髪染めの危険な成分!

shiraga_27.jpg


市販の白髪染めには、
さまざまな化学物質が配合されています。


その中で、
とりわけ副作用が強いとされるのが、
ジアミンです。


ジアミンは、染毛力に優れ、
白髪染めには、よく使われている成分です。


ジアミンの中でも、
白髪染めの中によく見られる成分が、
パラフェニレンジアミンです。


パラフェニレンジアミンは、
頭皮から吸収され、体内に蓄積されます。


蓄積されていき、突然、
アレルギー症状を引き起こします。


市販の白髪染めを使った時に、
頭皮がピリピリするようなら、
すでに軽度のアレルギー症状
と言えます。

 

頭皮がピリッと痛み出す!白髪染めの副作用?

shiraga_28.jpg


パラフェニレンジアミンによる、
重度のアレルギー症状は、
突然現れるのが、特徴です。


たとえ、10年間、
市販の白髪染めを使用して、
なんともなくても、ある日、不意に、
頭皮が痛みだします。


ピリッとした痛み、
ズキズキした痛みと、形容されます。


すぐさま使用を中止しても、
すでに、頭皮・額・こめかみなどは、
赤くただれています。


皮膚が剥けることもあります。


頭痛に悩まされることも、
珍しくありません。


利尻ヘアカラートリートメントには、
パラフェニレンジアミンは、配合されていません。


染料の主な原料は、植物成分由来です。


アナトー・クチナシ・シコンエキス・
ウコンエキスが、使われています。


化学成分の染料も、使われてはいますが、
刺激性の低い化学染料です。

 

利尻のトリートメント成分は何故安心なのか?

rijiri_14.jpg


利尻ヘアカラートリートメントには、
トリートメント成分が、
豊富に含まれています。


全部で15種類。


いずれも、天然由来成分です。


主な成分は、利尻昆布エキス。


利尻昆布エキスには、
3つの有効成分が、含まれています。


ミネラル、保水フコイダン、保湿アルギンです。


利尻昆布エキスは、
髪にハリやコシを与える成分です。


表面をコーティングする成分としては、
ミツロウやパーシック油などが、含まれています。

 

利尻は白髪染めだけじゃない!天然由来の育毛成分も豊富

riziri.jpg


利尻ヘアカラートリートメントの特徴は、
育毛成分も、豊富に含まれていることです。


血行促進、頭皮環境の改善などに有効な成分です。


全部で、23種類。


利尻昆布エキス、ローヤルゼリーエキス、
カキタンニン、ローマカミツレ花エキスなど。


全部で23種類。


いずれも、天然由来成分です。


市販の白髪染めでかぶれた人も、
利尻ヘアカラートリートメントなら、
安心
して使えます。


 
↓ ↓ ↓

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る