圧倒的効果!利尻ヘアカラーvsドラッグストア白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントの色落ちを市販の白髪染めと比較

siraga.jpg

↓ ↓ ↓
 
今すぐ利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る




白髪染めで一番気になるのが、何と言っても色落ちです。


目立たなくしようと染めたはずの白髪が、
髪の毛のあちこちで白く存在を主張していると、
白髪染めをした労力が、無駄になったように感じられます。


色落ちが、気にならない程度なのが、市販の白髪染めです。


安いだけでなく、1回染めると、短くても1ヶ月。


もってくれると、2ヶ月は、白髪が目立ちません。


ツンとした臭いに閉口しながらも、市販の白髪染めを使うのは、
色持ちが良いからというのが、大半の利用者です。

 

市販の白髪染めで色落ちが気になるのはどういうことが原因?

matsukiyo.jpg


通常は1ヶ月以上色がもつとされる、市販の白髪染め。


しかし、髪質に関わらず、
1~2週間で白髪が目立ってくることがあります。


原因は、2つ!選択した色、および、シャンプーとの相性が、問題です。


市販の白髪染めは、髪のキューティクルを開いて染料を内側に浸透させます。


そのため、色落ちは少ないのですが、
選んだ色が、地毛よりもかなり明るい色だと、
白髪だった部分がだんだんと浮き立ってしまいます。


早く目立つようになります。


地毛に近い色で暗く染めた場合は、色が長くもちます。


もう1つは、シャンプーとの相性です。


洗浄力の強い硫酸系界面活性剤を使用したシャンプーは、
色落ちしやすいので、アミノ酸系のシャンプーがオススメです。


また、石けんシャンプーも、白髪染めをしていると、
色落ちを招くため、使用は控えましょう。

 

利尻ヘアカラートリートメントの色落ちは?シャンプーで適当なのは何?

haru_21.jpg



市販の白髪染めに比べて、色落ちが早いのが、
トリートメントタイプの白髪染め
です。


無添加で知られる「利尻ヘアカラートリートメント」は、
髪をコーティングするマニキュアタイプなので、
色が入った後も、色落ちの心配はあります。


通常、1週間に1回は、ケアが必要です。


市販の白髪染めでも、
シャンプーとの相性で色落ちの度合いは変わりますが、
トリートメントタイプの白髪染めでは、
シャンプーには、一層、気を配る必要があります。


硫酸系界面活性剤を使用したシャンプーや石けんシャンプーに加え、
シリコンシャンプーも、使用は控えましょう。


シリコンは、髪の表面のキューティクルを皮膜でコーティングします。


そのため、白髪染めが浸透しづらくなります。


「利尻ヘアカラートリートメント」で白髪染めをする場合は、
ノンシリコンシャンプー、アミノ酸系のシャンプーを使いましょう。


色落ちを減らすことができます。

 

利尻ヘアカラートリートメントvs市販の白髪染め!シャンプー次第で色落ちに大差なし⁈

riziri.jpg


市販の白髪染めも、地毛よりも明るい色を選び、
洗浄力が高いシャンプーを使っていると、1~2週間ほどで、
白髪が浮き立って見えてくるようになります。


トリートメントタイプの白髪染めでも、
地毛に近い色を選び、ノンシリコン、
アミノ酸系のシャンプーを使うと、1週間は色がもちます。


トリートメントタイプの白髪染めの中でも、
刺激が強い化学物質を一切含んでいないのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」です。


液が頭皮についても、ヒリヒリしないだけでなく、
髪のパサつきも無くなります。



トータルで髪を綺麗にしてくれるのが、
「利尻ヘアカラートリートメント」です。


 
↓ ↓ ↓

利尻ヘアカラートリートメントの詳細を見る